【千葉・鹿の頭蓋骨の呪い事件|近隣住民の嫌がらせ迷惑行為事件事例】

呪いのような不気味な嫌がらせ

 

フリーダイアル: 0120-50-2004(割引クーポン有効番号)

近所の嫌がらせ調査におすすめの探偵社はコチラ

 

事件の概要

2014年、千葉県流山市で、自称自営業の男(59)が隣人の女性(81)に不気味な嫌がらせをして逮捕された。

 

内容は、「死ね」と書かれた紙と鹿の頭蓋骨を自宅の窓から見せる行為を15回行ったというもの。

 

男は容疑は認めたが、動機は不明。

 

また、器物損壊や暴行などの実害はなかったが、鹿の頭蓋骨を使った点が意味不明で不気味。

 

鹿の頭蓋骨は呪術に使われることもあるそうで、何かの「呪い」のようだと、世間の興味を誘った。

 

この事件に学ぶこと

これとは少し違いますが、動物の死体を投げ入れるのは比較的よく見られる嫌がらせ行為です。

 

とりわけ猫の死骸には注意してください。

 

酒鬼薔薇少年Aをはじめ、有名な快楽殺人犯は、人を殺す段階に入る前に、ほぼ例外なく猫の虐待死を楽しむ時期を過ごしています。

 

なぜか犬やハムスターではなくて(そういう動物も殺しているかもしれませんが)猫なのです。

 

動物の骨や死骸を使った嫌がらせは不気味で恐ろしく、被害者の精神にとりわけ大きなダメージを与えます。

 

早く何とかしないと、こちらがおかしくなってダウンしてしまいます。

 

警察が十分な対応を取ってくれない場合は、探偵に証拠を取らせることも考えてみてください。

 

フリーダイアル: 0120-50-2004(割引クーポン有効番号)

近所の嫌がらせ調査におすすめの探偵社はコチラ